HOME

求人を出す側の立場になって考えてみる

皆さんは求人を出す側の気持を考えたことがありますか?どちらかというと求人をする方よりされる側に立っての考え方をするのが普通ですよね。それはそれで別に非難すべきことではありません。でももう一歩踏み込んで考えてみて下さい。

もしある企業があなたを雇おうとする場合、当然のことながら、年齢性別や履歴など確認するでしょう。でもそれだけではありません。書類だけではわからないから面接をするのです。その人の人柄や適応性、社交性や判断力、やる気とか信念のようなもの、そういったものをひっくるめて判断し採用するかどうかを決めるのです。

求人を出す時、今記したようなことを全部、募集条件にするのはまず不可能です。スペースの関係もあるし、あまりハードルを高くしてしまうと応募する人がいなくなってしまうからです。

職を探している方はとりあえず、人並みの給料がもらえて、人並みに休みがあったら、そして通勤しやすい勤務地だったらぐらいしか考えないでしょう。でもその考え方は改めてください。求人を出す側からすれば人手が足りないから求人するわけで、実際問題頭数さえそろえばいいということもあります。
でも本当は職場に適応した優秀な人材を求めているのだということを忘れないでいただければありがたいです。